ページの先頭です

不妊鍼灸コラム

不妊でお悩みの方へお得な情報を発信しております。

不妊治療で気になる「卵子」について……卵子をサポートするってどういうこと?

2019年3月8日

tamago

 

不妊治療や妊活に取り組む際に、注目されやすいのが「卵子」についてです。

卵子の質を高めたい!という思いから、さまざまな活動に取り組む女性も少なくありません。

また35歳を過ぎると、卵子の数や更年期について、気になることも多いですよね。

妊活中に知っておきたい「卵子の話」と、よく誤解されているポイントについて紹介します。

卵子の数は、減少する一方!

妊娠する上で、欠かせないのが精子と卵子です。

どちらも重要な役割を果たしますが、女性にとってより身近なのは「卵子」の方だと言えるでしょう。

排卵された卵子が精子と出会い、着床することで妊娠は成立しますが、実はこの卵子の数は生まれる前から決まってしまっています。

体内の卵子の数は、胎児である頃がもっとも多いのですが、誕生するタイミングで、すでにある程度減少してしまっています。

思春期には10万個〜40万個程度となり、1か月にだいたい1000個ぐらいのペースで、減少し続けていきます。

1回の生理で消費される卵子の数は「1個」ではない

卵子が減少するペースについても、誤解が多いポイントの一つです。

女性の卵子が消費されるのは、排卵時の1つだけ、と考えるのは大きな間違いです。

実際には、「ホルモンの影響で成熟したたくさんの卵子の中で、排卵されるのがもっとも優れた1つだけ」と考えた方が、実態に近くなります。

こうしている間にも、女性の卵子の数はどんどん減少しているのですね。

限りある機会を大切にするために……

卵子の特徴や、その減少スピードについて考えると、「妊活は時間との勝負」と言われる理由がよくわかる!という方も多いのではないでしょうか。

妊娠が成立するための機会というものは、想像以上に限られているもの。その一回一回の機会に、「できるだけ体の調子を整えて臨む」というのが、非常に重要なポイントとなります。

私たちが外からできることは限られていますが、毎日の食事に気を配ったり生活リズムを整えたりすることは、その中の一つ。

そして外側から体の調子を整えるお手伝いをする不妊鍼灸も、そうした工夫の一つとなります。

冷え性やホルモンバランスの乱れに悩む女性は、決して少なくありません。

不妊鍼灸で相談していただければ、しっかりサポートいたします。

まとめ

「妊娠したい!」という願いを叶えるため、自分自身の卵子と向き合おうとする女性は決して少なくありません。

しかしその卵子の数は限られており、その限られたチャンスを大切にするためには、女性の体全体のリズムを整える必要があるのです。

ぜひ不妊鍼灸にも目を向けて、本当の意味で卵子のサポートできるよう、意識してみてくださいね。

インフォメーション

〒020-0832 岩手県盛岡市東見前6-91-19
飯岡駅・矢幅駅より車で12分
駐車場4台分完備

019-618-9474

お問い合わせ・ご予約はこちらから!
土日祝日OK!

受付:9:00~20:00
定休:不定休

無料メール相談

ご予約フォーム

こころ鍼灸院ブログ