ページの先頭です

不妊鍼灸コラム

不妊でお悩みの方へお得な情報を発信しております。

不妊治療中のネガティブな気持ち……「自分を褒める」ことで解消しよう

2019年3月1日

homeru

 

不妊治療に取り組む際には、自分のメンタルとの向き合い方に悩む方も少なくありません。

問題なく妊娠できるだろうと思っていたにも関わらず……なかなかできない!となれば、悩んでしまうのも当たり前のこと。

しかしそのマイナス思考が、妊娠を遠ざける原因になってしまうこともあります。

自分のメンタルと正しく向き合うための、3つのポイントを紹介します。

「自分のせい」と思いこまない

不妊治療や妊活に取り組むときには、すぐに結果が出るとは限りません。

辛い状況の中で、今起きていることの原因を、過去もしくは現在の「自分のせいだ」と思い込んでしまう方も少なくありません。

「あのとき○○をしたから妊娠しづらいのかもしれない」「冷えを放置してきたから」「もっと早く決断しなかったから……」など、後悔するポイントは非常に多くあります。

不妊の問題で厄介なのは、「たいていの人に、思い当たる節が一つや二つある」からです。

自分のせいにしようと思えば、どれだけでも自分を責めることができてしまうのですね。

しかしこれをしても、残念ながら状況を改善することはできません。

ネガティブな思いは、どんどん強くなっていってしまうでしょう。

自分のことを褒めてあげよう

一度ネガティブな思いにとらわれてしまうと、そこから離れるのは非常に難しくなってしまいます。

こんなときには、ぜひ新たな習慣を取り入れて、自身の心を前向きにコントロールしていきましょう。

オススメの方法は、「自分の良いところを見つけて、褒める」という、いたってシンプルなもの。

出来れば鏡の前で、実際の口に出して褒めると、より一層効果が高くなるでしょう。

ネガティブな思いにとらわれていると、最初は「褒めるポイントが見つからない!」なんてことにもなりがちです。

しかし現実には、「褒めるところがない人間」なんて存在していないのです。

自分の良いところを見つけようとする姿勢が、自分自身の心を前向きにしてくれるはずですよ。

相手のことも褒めてあげよう

自分の良いところを見つけられるようになったら、ぜひパートナーの良いところも積極的に見つけてみてください。

自分のため、赤ちゃんのためにしてくれていること、たとえ小さくても、きっと見つかることでしょう。

不妊治療や妊活に取り組む中で、パートナーに対して不満を抱いてしまう方は少なくありません。

しかしそれが原因で、夫婦関係がギスギスしたものになれば、問題はさらに深まってしまうことでしょう。

反対に、相手の良いところに目を向けて、夫婦生活が円満になれば、スキンシップやコミュニケーションも、自然と増えていきそうですね。

まとめ

不妊治療や妊活は難しい問題で、心の問題を解決したからといって、即妊娠できるかと問われると……必ずしもそういうわけではありません。

しかしゴールが見えづらい内容だからこそ、治療に取り組む夫婦が、心豊かにリラックスして過ごすことは、何よりも大切なことだと言えるでしょう。

治療に疲れたな……と思ったときには、ぜひ「自分を褒める」ところから、再スタートしてみてくださいね。

インフォメーション

〒020-0832 岩手県盛岡市東見前6-91-19
飯岡駅・矢幅駅より車で12分
駐車場4台分完備

019-618-9474

お問い合わせ・ご予約はこちらから!
土日祝日OK!

受付:9:00~20:00
定休:不定休

無料メール相談

ご予約フォーム

こころ鍼灸院ブログ