ページの先頭です

不妊鍼灸コラム

不妊でお悩みの方へお得な情報を発信しております。

ストレス性不妊の特徴と、解消のコツ

2019年2月22日

sutoresu

 

近年、不妊で悩むカップルが増加している裏には、「現代人のストレス増加」が関わっているのではないかと言われています。

妊活中や不妊治療中に、ストレスは大敵!と言われることも多いですよね。

しかし実際には、「ストレス」と「妊娠」がどのような形で関わっているのか、実はよくわかっていない……なんて方もいるのではないでしょうか。

両者の関わりと、ストレス解消のコツを紹介します。

ストレス性不妊とは?

ストレス性不妊とは、ストレスが原因で妊娠しづらい状態になっていることを指します。

人間誰でも、多かれ少なかれストレスを抱えながら生きているもの。

しかし心の負担が大きくなりすぎると、自律神経のバランスが崩れ、ホルモンの分泌量が減少してしまうと言われています。

卵子と精子が受精し、そして着床するためには、ホルモンによるサポートが必須となります。

この仕組みがうまく働かないことが原因で、不妊状態に陥ってしまいます。

ストレスというのは、目には見えないものですから、「本当に妊娠と関連があるの?」なんて疑いたくなる気持ち、よくわかります。

しかし過去の論文では、ストレス度が高い人ほど妊娠を遠ざけてしまうことが発表されています。

妊娠を望む人は、自身が抱えるストレスとも、しっかりと向き合う必要があると言えるでしょう。

こんなタイプの方は要注意

妊活や不妊治療でストレスを溜めやすいのは、以下のような条件に当てはまる人だと言われています。

・なんでもきっちりとこなしたい

・これまで仕事も真面目にこなしてきて、プライドもある

・妊活に対して焦りがある

・周囲の理解が得られない

・夢中になれることが見つからない

なんでも真面目にこなせる人は、社会人として素晴らしい特性を備えている人と言えるでしょう。

しかしすぐに結果が出るとは限らない妊活・不妊治療において、こうした「完璧主義」的な傾向が、自分自身を追い詰めてしまう可能性もあります。

ストレスを感じていても、それを上手に発散できる仕組みが整っていれば良いのですが、そうではない場合、「ストレス性不妊」にも注意した方が良いでしょう。

自分一人で全てを頑張らなくても大丈夫

不妊や妊活で悩んだときに、「ストレスを溜めないなんて無理!」と感じる方も多いのではないでしょうか。

肉体的なタイムリミットが迫る中で、なかなか結果が出ない状況に焦るのは、当たり前だと言えるでしょう。

自分自身の手で、「できることは何でも頑張ろう!」なんて、ストイックに頑張っている方も多いのかもしれませんね。

しかしそれがストレスの原因になっているとしたら、実は「頑張らない」方が、妊娠率を高められる可能性もあるのです。

「ストレスを感じているけれど、具体的にどうすれば良いのかわからない」と思ったら、ぜひ私どもの不妊鍼灸を尋ねてみてください。

体の調子を整えるのはもちろんのこと、それぞれのお悩みに寄り添える場所でありたいと考えています。

まとめ

不妊についてストレスを抱えてしまったときには、自分一人だけで抱え込むのはやめましょう。

不妊鍼灸では、体の調子を整えながら、心もスッと軽くできます。

「誰かに頼る」ということが、ストレス解消のキーワードになるケースは、決して少なくありませんよ。

成果報酬型を導入しています

インフォメーション

〒020-0832 岩手県盛岡市東見前6-91-19
飯岡駅・矢幅駅より車で12分
駐車場4台分完備

019-618-9474

お問い合わせ・ご予約はこちらから!
土日祝日OK!

受付:9:00~20:00
定休:不定休

無料メール相談

ご予約フォーム

Line@予約

こころ鍼灸院ブログ