ページの先頭です

不妊鍼灸コラム

不妊でお悩みの方へお得な情報を発信しております。

妊活中はサプリメントの過剰摂取にも注意して

2018年10月12日

joseitukare

 

妊活や不妊治療に取り組む方にとって、サプリメントは強い味方となってくれることでしょう。

足りない栄養を補給し、自身の身体をサポートしてもらえることに対して、「非常に心強い」と感じる方も多いはずです。

とはいえさまざまな栄養を効率よく摂取できるサプリメントだからこそ、過剰摂取には注意する必要があります。

妊活中のサプリメント利用について、注意するべきポイントを紹介します。

注意するべき栄養素はビタミンA

妊活中の過剰摂取に注意していただきたい栄養素の一つが、ビタミンAです。

「え? ビタミンが危険なの?」なんて、不思議に思う方も多いのかもしれませんね。

ビタミンAは、皮膚や粘膜の保護に役立ってくれる栄養素です。

美肌をキープしたい女性たちにとっては、非常に嬉しい栄養素だと言えるでしょう。

実はこのビタミンAは、脂溶性という特徴を持っています。

つまりは「水」ではなく、「油」に溶けるという性質なのです。

水溶性ビタミンであれば、過剰摂取したとしても、尿と共に体外へと自然に排出されます。

しかし脂溶性ビタミンの一種であるビタミンAには、この仕組みは備わっていません。

過剰摂取した場合、そのまま肝臓や脂肪の中に蓄積されてしまいます。

赤ちゃんにも欠かせない栄養素ですが……

ビタミンAは、妊婦さんにとっても非常に重要な栄養素だとされています。

人間が体内で合成することはできませんから、赤ちゃんの健やかな発育のために、お母さんが摂取して送り届ける必要があるのです。

しかし過剰に摂取し過ぎると、赤ちゃんの先天性異常の可能性が高くなるという報告もあります。

全くとらなくても、そして過剰に摂取し過ぎても、赤ちゃんのトラブルの原因になってしまうビタミンA。

妊活中ということは、いつどのタイミングで赤ちゃんを授かってもおかしくないということです。

赤ちゃんの成長において、特に重要な意味を持つ「初期段階」で余計な負担を与えないよう、配慮したいところですね。

適正量を守れば安心

ビタミンAを摂取する際には、一日当たりの推奨量を守ることが大切です。

妊娠中の女性が摂取したいビタミンA量は、年代やタイミングによっても異なります。

妊娠初期の場合、650μgRAE〜700μgRAEが推奨摂取量とされていますから、こちらを参考にしてみてください。

また1日当たりの摂取量が2700μgRAEを超えると、リスクの可能性が高まると言われています。

妊活をしているときには、ぜひ意識してみてください。

まとめ

妊活中には、あれもこれもと試してみたくなりがちです。

サプリメントについても同様ですが、やりすぎは禁物!ということも頭に入れておきましょう。

一日に必要な量を守って、良い状態をキープしていってくださいね。

成果報酬型を導入しています

インフォメーション

〒020-0832 岩手県盛岡市東見前6-91-19
飯岡駅・矢幅駅より車で12分
駐車場4台分完備

019-618-9474

お問い合わせ・ご予約はこちらから!
土日祝日OK!

受付:9:00~20:00
定休:不定休

無料メール相談

ご予約フォーム

Line@予約

こころ鍼灸院ブログ