ページの先頭です

不妊鍼灸コラム

不妊でお悩みの方へお得な情報を発信しております。

レトルト食品、使い過ぎていませんか? 妊活と亜鉛、レトルト食品の関係性とは

2018年7月13日

tomato2

 

忙しい毎日の中で、一日三食、バランスの良い食事を用意することは、決して簡単なことではありません。外食ばかりだとちょっと……なんてときに、つい頼りたくなるのが「レトルト食品」や「インスタント食品」です。いつでもすぐに食事を用意することができて、非常に便利な物ですが、「妊活」や「不妊」を考える上では付き合い方に注意が必要な食べ物でもあります。なぜ注意が必要なのか、妊活を行う上で必要不可欠な「亜鉛」の活躍と共に紹介していきます。

妊活に欠かせない「亜鉛」とは?

インターネットで「妊活」や「不妊」といったキーワードを検索する際に、目にする機会も多いのが「亜鉛」です。人体に欠かせないミネラルの一種で、新たな命を育む場面では以下のような働きをしています。

・排卵や着床に関わるホルモンの合成・作用
・精子の形成や発育
・男性ホルモンの合成

男女ともに、亜鉛は妊娠に関わるホルモンの働きと密接に関わっているもの。体内の亜鉛が不足すれば、妊娠に関わる機能も低下してしまいます。特に男性にとって亜鉛は重要なミネラルで、健康で運動率の良い精子を作り出すためには、亜鉛を積極的に摂取することが大切だと言われています。

亜鉛の摂取、レトルト食品には要注意

さて、妊活中のカップルにとって特に重要な意味を持つ亜鉛ですが、残念ながら現代人にとって不足しがちなミネラルの一つだと言われています。亜鉛が多く含まれている食材は、以下のとおりです。

・牡蠣
・牛肉
・卵
・チーズ
・納豆
・レバー
・アーモンド

非常に幅広い食品に含まれているのですが、実際に体内に吸収されるのは、約30%だと言われています。さらにレトルト食品やインスタント食品に含まれる成分の中には、亜鉛の吸収を阻害するものがあります。妊活中には、サプリメントなどで積極的に亜鉛を摂取する方もいますが、普段からレトルト食品などを積極的に摂取していると、それも無駄になってしまう可能性が高いということ。
またこのような食品には、もともと含まれる亜鉛の量も非常に少ないという特徴があります。亜鉛の役割と特徴を知り、毎日の食生活の中で上手に取り入れることが大切です。

レトルト食品などは上手に活用しよう

亜鉛含有量が少なく、さらに吸収率を下げてしまう可能性もあるレトルト食品ですが、非常に便利なアイテムであるというのは、まぎれもない事実です。「妊活のために!」という理由でこれらの便利アイテムを徹底排除しても、かえってストレスにつながるだけ……なんてこともあるでしょう。だからこそ、特に忙しい時期には「上手に付き合う」意識を持つことが重要です。レトルト食品の活用頻度を少し下げるのはもちろんですが、ひと手間加えて野菜や肉をプラスし、摂取できる亜鉛量を増やすのもオススメの方法です。すでに完成されているものに食材を加えるだけ、というスタイルですから、手軽に実践できるのではないでしょうか。

まとめ

妊活に亜鉛は欠かせないポイント。その役割を考えると、夫婦そろって大切にしたい栄養素でもあります。レトルト食品との上手な付き合い方も身につけて、亜鉛不足を解消しましょう!

インフォメーション

〒020-0832 岩手県盛岡市東見前6-91-19
飯岡駅・矢幅駅より車で12分
駐車場4台分完備

019-618-9474

お問い合わせ・ご予約はこちらから!
土日祝日OK!

受付:9:00~20:00
定休:不定休

無料メール相談

ご予約フォーム

こころ鍼灸院ブログ