ページの先頭です

不妊鍼灸コラム

不妊でお悩みの方へお得な情報を発信しております。

妊娠を希望するなら妊娠力アップを目指そう! 低下の原因と意識したいポイント3つ

2018年6月22日

ha-toakatyann2

 

不妊で悩む方が増えている今、「妊娠力」にも注目が集まっています。妊娠力とは、妊娠に至るまでに必要な力。本来であれば、人間にはもともと備わっている力であるはずなのですが、近年はさまざまな理由から、妊娠力低下に悩む方も増えてきています。

妊娠力の低下は、今現在「妊娠したい!」と考えている方だけではなく、「将来的にいつかは子どもを持ちたい」と思っている方にとっても重要な問題です。妊娠力の低下に気付かず、そのまま放置すれば、それが将来の不妊の原因になってしまう可能性もあるでしょう。

でもいったいなぜ、人々の妊娠力は低下してしまうのでしょうか。現代のライフスタイルの中で考えられる低下の原因と、積極的に意識したい妊娠力アップのためのポイントを紹介していきます。

妊娠力が低下する原因を知ろう

妊娠したい!と思ったときには、まずは自身の体を見つめなおすことからスタートしましょう。「子どもなんて、欲しいと思ったらいつでもできる」と考えるのは、大きな間違いです。

卵子と精子が受精し、無事に女性の体内に着床するまでには、多くのステップをクリアしなければいけません。着床後に妊娠を継続し、無事に出産までたどりつくことは、まさに「奇跡の連続」と言えるでしょう。ただでさえ確率はそう高くはないところ、妊娠力が低下した状態では、さらに低くなってしまいます。

妊娠力が低下する原因は、具体的に以下のようなものだと言われています。

・卵子や精子の質の低下
・ホルモンバランスの変化
・体の冷え
・精神的なストレス
・病気

卵子や精子の質の低下は、年齢と共にやってくる避けられない老化現象の一つでもあります。女性の場合、卵子の老化は36歳ごろからスタートすると言われています。このため、30代後半時期に差し掛かると、「妊娠率が低下する一方で流産リスクは高くなる」という現象が引き起こされます。

また年齢を重ねることで、女性ホルモンのバランスが大きく変化する時期を迎えます。いわゆる「更年期」と呼ばれるものですが、ハッキリとした症状が自覚できるようになる前から、体の中では少しずつ変化が起き始めています。ホルモンの働きは、妊娠成立のために欠かせないもの。バランスが崩れれば、当然妊娠力は低くなってしまいます。

上の2つは、主に「年齢」と関わる要因でしたが、ここからは年齢を問わず影響を与える可能性がある要因についてです。

特に女性の中には「冷え性」で悩む方も多いですが、卵巣や子宮など、妊娠に関わる臓器が冷えていると血流が悪くなってしまいます。必要な酸素や栄養分を届けられなくなってしまうので、注意する必要があるでしょう。また生活の中で感じるさまざまなストレスが原因で、体の不調を訴える方も少なくありません。

最後に、妊娠・出産に関わる臓器には、自覚症状が少ない病気が隠れているケースも少なくありません。クリニックで検査を受けてみて、初めて病気が発覚した!なんてケースも多く、こちらも妊娠力低下の原因になってしまう可能性があります。

妊娠力アップを目指す方法とは?

妊娠力が低下する原因を知れば、それを改善するための方法も見えてきます。「年齢を若返らせる」ことは不可能ですが、今の自分にできることを積極的に取り組むことで、妊娠力をアップさせることができるでしょう。

・体の内部から冷え性対策を行う
・ストレスを溜め込まない
・クリニックを受診して、病気の可能性を排除する

普段の生活の中でも、不快な冷え症状に悩んでいる方は多いはず。根本的な解決を目指すことで、妊娠力アップにつながる可能性もあります。

また普段から、ストレスを溜めないようにすることも重要なポイント。ストレスの原因をできるだけ排除することも大切ですし、自分なりの上手な付き合い方を身につけることも必要です。「ストレスが溜まったな」と感じたときには、自分なりの方法で解消できるよう工夫してみてください。

最後に、もっとも重要なのが「もしも体に何らかの病気が隠れているのであれば、早期発見し早期治療に取り組む」ということです。

「妊娠したいな」と思っている段階で婦人科を受診し、体の状態をチェックしてもらうことに抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかし、病気が原因で妊娠力が低下しているとしたら、それを取り除くのが一番の近道です。病気を放置しても良いことはありませんから、まずは専門医のもとでチェックしてもらいましょう。

食べ物に意識して行う冷え性対策

普段から冷え性に悩んでいる場合、「いったいどのような対策をとれば冷え性を改善できるのか、わからない」と感じる方も多いことでしょう。効果的な対策がわからないからこそ、不快な冷え性に悩み続けていると言っても過言ではありません。

日常生活の中で比較的容易にできる冷え性対策としては、「食べ物」を使った方法があります。体を温める食材を積極的に摂取すれば、内部からの冷えを防ぐことができます。

体を温める食材には、以下のようなものが当てはまります。

・しょうが
・ニラ
・ネギ
・人参
・カボチャ
・鮭
・サバ

体を温める食材の代表格といえば、やはり「しょうが」です。しょうがに熱を加えることで発生するショウガオールという成分には、体内から温度を上げる効果があるとされています。

またニラやネギに含まれるアリシンには、血管を拡張し血流を良くする効果があります。身体の内部から、ぽかぽかと温まってくるのを実感できることでしょう。

人参やカボチャに含まれるビタミンEや、鮭やサバに含まれるEPAやDHAにも血液の循環を促す効果があり、冷え性対策に効果的です。

これら以外にも、栄養豊富な食材は数多くありますから、あくまでもバランスよく摂取することが大切です。一般的に「体を冷やす食材」と言われていても、温かいスープにして摂取したり、しょうがと一緒に摂取したりすることで、冷えを予防できるケースもあります。

食材選びから調理の仕方にまで気を配って、体の内面からバランスを整えていきましょう。毎日バランスの良い食生活を送り、体内の栄養状態が良くなれば、妊娠力も自然とアップしていきます。普段から栄養が偏りがちな方は、ぜひチェックしてみてください。

体そのものに働きかける冷え性対策

体を温めてくれる食材を積極的に摂取したり、食事の内容に気を配ったりすることは、長い目で見て体質を改善していくための方法となります。

もちろん非常に重要なポイントなのですが、「冷え性改善効果を実感できるまでに、ある程度の時間がかかる」というケースも少なくありません。「食べ物を摂取してすぐの時期にはポカポカしていても、すぐにまた冷えてしまう」というわけですね。

このような場合には、体そのものに働きかける冷え性対策も併用することで、より効果を実感しやすくなるでしょう。以下の情報を参考にしてみてください。

★適度な運動で代謝をアップ

男性よりも女性に冷え性が多いのは、全身の筋肉量が少ないためだとも言われています。筋肉量が少ないことで代謝が落ちて、熱を発生する機会が少ない。というわけですね。

毎日の生活の中に適度な運動を採り入れることで、全身の筋肉量をアップできます。代謝が良くなれば、自然と冷え性も改善していくことでしょう。ストレス解消にも役立ち、両方の面から妊娠力アップをサポートしてくれます。

筋肉量アップのための適度な運動は、「簡単なものでも継続する」ということが重要なポイント。自分にはどんな運動が向いているのか、ぜひ検討してみてください。

ヨガやウォーキングなどは、忙しい女性たちにも人気の運動メニューです。楽しみながら挑戦してみてはいかがでしょうか。

★鍼灸治療

冷え性対策に鍼灸治療と聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、不妊鍼灸では、体の冷えを取り除くことで、卵巣や子宮などの機能をアップさせるための施術を行っています。身体の冷えを撃退すると共に、妊娠力に関わる部分に特化した施術を受けることで、効率よく妊娠力アップを目指していけます。

また、不妊鍼灸を専門に行う治療院の場合、これまでに多くの方の悩みに触れ合ってきた実績があります。

・自分だけで悩んでいるのが辛い
・妊娠力を高めたいと伝えるのが恥ずかしい……

こんな悩みを抱える必要もありませんから、安心して施術を受けることが可能です。こちらもぜひ検討してみてください。

まとめ

不妊症かどうかは、妊娠を望み、具体的に行動を開始して初めてわかるケースも多いもの。結婚のタイミングも高齢化している今、具体的な症状が発覚する前に、年齢面から「もしも不妊症だったらどうしよう……」と悩む方も少なくありません。

妊娠・出産には「年齢」が重要なポイントとなることが分かっているからこそ、深い悩みにつながってしまうようなケースもあります。

不妊症に関して不安があるからといって、すぐに妊娠に向けた行動をスタートするのが難しいこともあるでしょう。こんなときでも、「妊娠力をアップするための努力」であれば、自分一人でいつでもスタートすることが可能です。

ほんの些細なことに思えるかもしれませんが、妊娠・出産という奇跡の連続を経験するためには、「自分自身の体と向き合うこと」が何よりも重要なポイントです。いつスタートしても「早すぎる」ということはありませんから、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。

インフォメーション

〒020-0832 岩手県盛岡市東見前6-91-19
飯岡駅・矢幅駅より車で12分
駐車場4台分完備

019-618-9474

お問い合わせ・ご予約はこちらから!
土日祝日OK!

受付:9:00~20:00
定休:不定休

無料メール相談

ご予約フォーム

こころ鍼灸院ブログ