子宮内膜症の改善について

子宮内膜症のつらさで、身体も心も疲れ切っていませんか

子宮内膜症の辛い症状に悩む女性

  • 月経痛がひどく、婦人科医院に通っている
  • 下腹部痛と腰痛がつらい
  • 排卵痛と性交痛が出ている
  • 妊娠を希望しているが、子宮内膜症のせいで不安に感じる
  • 過多月経になっている

生理中には激しい痛み、生理中でない時期には腰痛や排卵痛、性交痛、不正出血などがつらくなる子宮内膜症。医療機関で医師から処方される鎮痛剤や低用量ピルを試しても良くならず、疲れや失望感、妊娠や出産への不安に悩まされている方も多いです。そのような悩みを断ち切るには、病院やクリニックとは違う視点からの施術がおすすめです。

こころ鍼灸院では、東洋医学の視点から子宮内膜症を施術し、症状を改善します。今度こそつらい症状から解放されたい方は、当院にご相談ください。

盛岡市のこころ鍼灸院では、体質改善によって子宮内膜症を解決します

体質から改善する施術を体験してください

盛岡市で子宮内膜症にお悩みの方は、こころ鍼灸院へご相談ください。子宮内膜症をはじめ、生理不順や生理痛、子宮内膜症、不妊など、女性特有の症状を専門に施術を行っています。

当院が子宮内膜症の施術で意識しているポイントは、お客様の体質改善です。東洋医学では子宮内膜症を体質に起こっている異常のサインと捉え、体質を良くすることで症状を解消します。西洋医学で主に用いられる局所的な対応とは違い、症状だけでなく全体的な体調も良好になります。

根本原因とお客様一人ひとりの状態に合わせ、オーダーメイドの施術を行うことも当院が心がけているポイントです。施術前にはカウンセリングと検査で慎重に原因を探し、根本的な解決ができるような施術につなげていきます。当院で身体としっかり向き合い、症状が出ない状態を目指しましょう。

子宮内膜症の特徴と原因について

子宮内膜症のイメージ

子宮内膜症とは、子宮内膜が正しい位置から離れた状態で発育し、または増殖してしまう婦人科疾患です。思春期、20代と30代、更年期までの女性の5~10%に見られる症状で、遺伝性の病気ではありません。

生理の時、経血のほとんどは膣を通じて体外に出されますが、一部は卵管から逆流することがあります。それにより、逆流した経血が骨盤内の臓器や組織にくっつき、そのままくっついてしまいます。なお、子宮内膜症の医学的な原因はまだわかっていません。

子宮内膜症があると、生理中に経血と同じような出血が起こり、それによって炎症や癒着が引き起こされます。生理中には子宮内膜から発痛物質『プロスタグランジン』も分泌されるため、生理痛が重くなってしまいます。

子宮内膜症は生理のたびに深刻化し、手術が必要なほどに悪化するケースも見られることから、注意しましょう。また、卵巣に子宮内膜症ができると卵巣嚢腫になるリスクも高くなります。将来的には不妊の原因にもなりうるため、心当たりがある方は早めの施術やケアを始めましょう。

鍼灸で根本原因のツボを施術し、子宮内膜症に悩まない状態に整えます

全身の血流が向上する鍼灸施術で症状を改善します

こころ鍼灸院では、東洋医学の視点から子宮内膜症を捉え、施術を進めます。

東洋医学と照らし合わせると、子宮内膜症は血の滞り『瘀血(おけつ)』との関係性が深いです。瘀血の原因は、元々の体質、冷えやストレスなど、お客様によって変わります。そこで当院では検査によって一人ひとりの原因を突き止め、改善効果が期待できるツボを判断し、鍼灸の施術で刺激していきます。

施術後には、ぽかぽかとした身体の温かさを感じていただけるでしょう。生理痛が軽減される方、体調が改善される方もいらっしゃいます。

健康な身体と心の余裕を手に入れましょう

子宮内膜症の悩みが出なくなると、生理痛や冷えの緩和、全身の血行促進、体質の変化など、さまざまな良い効果が生まれます。体調の良さは心の余裕を生み出し、毎日の生活に活気と楽しさが増していきます。

毎日の生活を明るいものに変えるためにも、こころ鍼灸院で子宮内膜症をしっかりと改善しましょう。